早めに治療することで早い回復が可能

マッサージの知識

マッサージにも様々なものがありますが、マッサージ自体について知っておいたいいことがあります。またマッサージを行なった際にちょっとした工夫でさらなるリラックス効果が期待できる方法を紹介します。

詳しく読む

気軽に行けるサロン

かつて、マッサージといえば「高級」というイメージがつきまとうものでしたが、最近ではそうではありません。庶民的で気軽に足を運べて、しっかりとスッキリさせてくれるというサロンも多くなっているのです。

詳しく読む

コルギで小顔に

カワイイ顔、それは小さな顔!というわけで小顔をめざす女子は多いわけですが、そこで注目したいのが小顔マッサージの中でも特に注目株と言われている「コルギマッサージ」なのです。

詳しく読む

肩こりの現状

一般的に肩こりの問題は起こりがちなのですが、それをきっかけに複数の症状までも引きを起こしてしまうため、肩こりを解消しなければなりませんがその解消手段として使われるマッサージについてです。

詳しく読む

日常的に動作

PLDDならば

日常的な動作をするだけで痛みが発生してしまうヘルニアはとても辛い病気です。 そんなヘルニアは症状によって改善方法が異なり、進度の高いものの場合には手術をするのが有効なこともあります。 もし、身体に負担の少ないヘルニアの治療方法を探しているのならば、専門の医療機関でPLDDを受けてみることをオススメします。 レーザーを利用して椎間板の治療を行うPLDDならば他の手法よりも身体の負担を軽減することができる上に、短時間で施術を完了することができます。 そのため仕事等を長期間休む必要がないため、忙しくてなかなか治療時間が確保できない方にも適しています。 今後は更にお手頃な価格で高精度なPLDDが様々な医療機関で利用できるようになるでしょう。 興味がある方は気軽に医師に相談してみると、きっとPLDDによって辛さから解放されることができるでしょう。

椎間板ヘルニアに苦しむ人にはPLDDという方法があります

PLDDとは、日本語では経皮的レーザー椎間板髄核減圧術と言われている、椎間板ヘルニアの治療法です。レーザー照射によって突出しているヘルニアを引っ込ませて、痛みや痺れを緩和するといった治療です。 PLDDは局所麻酔により行われ、切開もしません。PLDDに要する時間は15分程度と非常に短く、体に負担がかからないことが最大のメリットです。また、入院の必要がなく日帰りで治療を受けることができるので、仕事などを含め日常生活に影響が出にくいのも特徴のひとつです。 残念ながら健康保険が適用されていないので自費負担となりますが、PLDDは生命保険、医療保険の手術給付金の対象となることがありますので一度加入している保険の確認を勧めます。医療費控除の対象になる治療ですので、確定申告によって税金の還付が受けられる可能性もあります。様々な制度を利用することによって費用対効果は大きくなります。PLDDは、椎間板ヘルニアに悩む人には有効な選択肢となります。